サイトアイコン Tabist Magazine

初夏の自然を満喫。5月がおすすめの国内旅行スポット6選

5月がベストシーズン、1年を通してここは5月に行くべきという旅先を集めました。女性におすすめの旅先が揃いました。気持ちの良い季節、スマホのカメラを持って次の一人旅に出かけましょう。

河内藤園(福岡県北九州市)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

米CNNやTripadvisorなど海外からも日本の最も美しい場所のひとつとして注目された河内藤園が、この時期だけ開園します。藤園が1年で一番美しい姿を見せるのは4月から5月。夢のような花畑は、特別な技術がなくても最高の写真を撮ることができます。最近 藤の花はアニメ 鬼滅の刃で「鬼を避けるアイテム」として注目されました。

河内藤園
福岡県北九州市八幡東区河内2丁目2−48
093-652-0334

https://kawachi-fujien.com/

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)

北九州の藤園は少し距離が遠い、という方は東京から車や電車で1時間半の距離にある あしかがフラワーパークをおすすめします。うすべに藤、むらさき藤、白藤の3色の藤色を楽しむことができます。また5000株以上のツツジも4〜5月に最盛期を迎えます。

あしかがフラワーパーク
栃木県足利市迫間町607
0284-91-4939

https://www.ashikaga.co.jp/

御射鹿池(長野県茅野市)

有名絵画そのままの景色を目にすることができる場所として人気の撮影スポットです。緑が水面に映り込む神秘的な景色はCMにもなりました。紅葉の季節も人気ですが、落葉で葉が少なくなる季節のタイミングが難しいので新緑の時期をお勧めします。梅雨で水面が揺れる前の時期に訪れてください。

御射鹿池
長野県茅野市豊平 奥蓼科

弘前公園(青森県弘前市)

例年 ゴールデンウィーク頃に満開を迎えますが、その後に散った桜が城のお堀を埋める花筏が美しく、4月末〜5月初めのたった数日間だけ見頃を迎えます。一生に一度はその華やかで寂しくもある散った桜の花筏を見てみたいと春に人気の旅先です。

弘前公園
青森県弘前市下白銀町1

https://www.hirosakipark.jp/

雪の大谷(富山県立山町)

豪雪地帯の雪が溶け始めた4月中旬から6月下旬にかけて、雪の壁の中を観光することができます。後半になると雪が溶けて壁が低くなったり汚れてくるのでシーズンの早めの時期に行くことをお勧めします。歩いて進むと雪壁の迫力をもっと感じることができます。クローゼットから冬のジャケットをもう一度出して5月にぜひ訪れてください。

雪の大谷
富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂11

https://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/

大山千枚田(千葉県鴨川市)

田んぼに水が張られる4〜5月は、太陽光が反射してとても幻想的な棚田を見ることができます。日の出の淡い空の色を反映させる美しい風景を見てみませんか。東京から一番近い棚田として有名な大山千枚田は都内から車で1.5時間で行くことができます。

モバイルバージョンを終了