神秘的な力の溢れる場所へ。沖縄のおすすめパワースポット7つ

沖縄には琉球王国の時代から神事が行われてきた神聖な場所や、神話、昔話、伝説となっている場所など、神秘的で厳かさのあるパワースポットがいくつもあります。今回は、旅先で訪れたいおすすめの場所を7ヶ所ご紹介します。

沖縄では琉球神道という特有の宗教が信仰されてきた歴史があり、人々の生活や文化に神の存在が欠かせません。琉球王国の時代より神事が行われてきた神聖な場所や、神話や昔話、伝説となっている場所、神秘的で荘厳な雰囲気を感じるスポットとして知られる場所をご紹介します。必ず尊敬の念を持って訪れてください。旅先で普段の生活から離れたら、リラックスしてスピリチュアルな何かを感じられるかもしれませんよ。

沖縄のパワースポットおすすめ7つ

1. 波上宮(なみのうえぐう・なんみんさん)

那覇空港から車で約10-15分、または電車(ゆいレール)で20-30分の場所にあります。ビーチの上の切り立った崖上にあり境内からは海が見下ろせます。その昔、琉球の人々が神に豊穣の祈りを捧げた聖地に熊野信仰の神社が建立されました。琉球文化を思わせる赤い社殿が沖縄らしく、縁結びの神様としても人気のスポットです。

波上宮
沖縄県那覇市若狭1丁目25−11
http://naminouegu.jp/

2. ニャティヤ洞

本島北部の本部港からフェリーで45分の距離にある伊江島の人気スポットです。海岸が波で侵食されてできた洞窟で、穴の向こうに美しい海辺が望めます。また、持ち上げると子宝に恵まれたり、重さの感じ方で妊娠中の赤ちゃんの性別がわかるという石があります。神が降り立つ聖地として信仰者が祈りを捧げる場所でもあるので、静かに見学しましょう。

ニャティヤ洞
沖縄県国頭郡伊江村

3. 斎場御嶽(せーふぁーうたき)

御嶽(うたき)は聖地の総称で、ここは琉球王国の創生神「アマミキヨ」が作ったと伝えられています。琉球国王が神に祈願をした場所で沖縄では最高位の聖地です。神事は女性が行うもので、かつては男子禁制でした。2000年に世界文化遺産に登録されています。露出度の高い服装は避けて歩きやすい靴でお参りしてください。過度な撮影も避けるようにお気をつけください。

斎場御嶽
沖縄県南城市知念久手堅539
https://okinawa-nanjo.jp/sefa/

4. 与那国島 海底遺跡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1986年に与那国島南部の海底で切り立った岩の遺跡が発見されました。ただし遺跡ではなく自然に岩が侵蝕されてできたものだとする説もあり、その真偽は確立されていません。宇宙人が作ったという説も。ダイビングやシュノーケリングで見学できますが、観光船で見ることもできます。遺跡の真相は不明ですが、海底の神秘の謎に近づいてみませんか。

与那国島 海底遺跡
沖縄県八重山郡与那国町

5. 野底マーペー(のそこマーペー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石垣島の恋愛パワースポットと言われています。その昔、黒島に仲の良い2人がいましたが女性だけ石垣島での労働を強制され、女性は彼がいる黒島を見たいと野底岳に登ったものの他の山に阻まれて見ることができず絶望して石になってしまったという悲しい昔話の舞台です。車で途中まで登れるので厳しい登山ではなく、また山頂から見る360度の眺望が素晴らしいと評判です。

野底岳(のそこマーぺー)
沖縄県石垣市野底

6. シルミチュー霊場

ここは沖縄の地を創生した男女の神が住んだ土地と言い伝えられています。沖縄県うるま市の離島 浜比嘉島にあります。石の鳥居の先にある100段ほどの長い階段を登ると洞窟の霊場。この階段を登る途中で霊気を感じたという体験談が多いのが気になります。この霊場は安産祈願の地として知られています。

シルミチュー
沖縄県 うるま市 勝連比嘉1606-3

7. 玉城城跡(たまぐすくぐすく)

沖縄県南城市にある城跡で、城門は自然の岩をくり抜いて作られています。角度によってはハートに見える(?)この城門は、夏至の日の出の朝日が真っ直ぐに城内を照らすよう計算されています。かつて琉球国王が参拝した聖地のパワーをいただきましょう。透き通るブルーの海を見下ろす眺望もお楽しみください。

玉城城跡
沖縄県南城市玉城444

沖縄のおすすめホテルをチェック

こちらの記事を共有する:

ツイートする